【空き物件訪問レポート】テナント松葉(名店街)

2017年3月8日

 

開業支援補助金対象エリアとなっている、土浦駅周辺まちなかエリア内の空き物件を、個別に取材して、実際に体感した魅力や使い勝手をレポートする「空き物件訪問レポート」シリーズ。

 

今回は、土浦市川口一丁目、昭和レトロな雰囲気ただよう名店街にあり、ふらりと足を向けたくなるような、飲食店向けの物件をご紹介いたします。

 

二階には、休憩スペースや住居として使えそうなスペースもあり、賃料も手頃なおすすめの物件です!

 

 


 

 

昭和の香り漂う横丁 ~レトロな名店街

 

土浦駅から亀城公園への駅前通りを半ばまで進むと、

ぽっかり穴が開いたように、奥行きのある空間が左手に延びている。

年季の入った全天候型アーケードだ。あ、八百屋のおじさんの声もするぞ。

軒を連ねる商店の間を、まるで昭和にタイムスリップしたような、

懐かしい風が吹き抜ける。

 

現在の土浦名店街

▲ 現在の土浦名店街・駅前通り側入口

往時の土浦名店街ネオン

▲ 最盛期の土浦名店街(土浦名店街提供)

 

 

「土浦名店街」は、かつての商都土浦の面影を残す、現役の商店街。

半世紀以上、連綿と暖簾を守り続ける店、新たに看板を掲げる店が共存する。

その、ちょうど中ほどにある2階建て店舗が、テナント松葉だ。

 

テナント松葉入り口 テナント松葉入り口

 

 

ステンドガラスを嵌め込んだ個性的なドアが印象的。

シャッター背後は壁面。ウッド材の小窓が、なにやら謎めいて楽しい。

 

テナント松葉レトロなドア

入口ドア(内側)

テナント松葉謎めいた小窓

小窓(内側)

テナント松葉厨房入口

 

約14坪のフロアは仕切りなしで内装自由。正面奥が水回りになっている。

壁面、床ともに、自分の思うように手を入れて調えるのがいいだろう。

例えばカウンター・バーなど、空間レイアウトも工夫次第でいろいろ。

こぢんまりとした、落ち着いた雰囲気が創れそうだ。

 

テナント松葉シンク テナント松葉トイレ

 

シンク周りは2畳くらいで小ぶり。トイレだけは新しくてきれい(笑)

奥には、コンクリ敷きのちょっとしたスペースもある。食材とか置けそう

 

テナント松葉二回台所 テナント松葉二階フローリング

 

2階は、キッチンとフローリング。かなりの収納場所があるのが嬉しい。

ただし内装は必要。さらに、床への荷重限度を考えて使うほうがよさそうだ。

休憩や仮眠室などに使うのなら、ちょうどいいかもしれない。

 

土浦中心市街地風景 土浦中心市街地高架道

 

土浦中心市街地の、そのまた中央にある名店街は、幹線道路の交差地点。

上には高架道。そばにバス停。通りの向こうはイベント広場。映画館もある。

交通、買い物、駅、市役所、金融関係、便利なこと間違いない!

百聞は一見に如かず。まずは現地をご覧あれ!

 

【おまけ話】

ここには、創業当時の看板が傷まずにそのまま残っている店が多い。

このアーケードが守ってきたもののひとつだ。

 

土浦名店街 昭和に使われていた電話番号の看板 ☜ 昭和に使われた電話番号が残る店

 

ここにしかない、ここでしかできないアイデアが浮かぶ場所になりそうだ。

 

 

【物件名】テナント松葉(土浦名店街)

【所在地】土浦市川口1-1-16(補助金申請可能エリア)

【交 通】土浦駅西口徒歩5分

【用 途】飲食店・物販

【使用面積】46.83㎡(14.16坪)

【賃 料】55.000円(税込)*要相談

【築年月】昭和30(1955)年

【構 造】木造2階建

【問合せ】ウィンディー

土浦市大和町6-7 ☎029-824-6543

 

 

■その他、土浦市中心市街地の物件情報はこちら

→ 土浦繁盛記「まちなか貸店舗情報」ページへ

 

カテゴリー

年別アーカイブ

ページの上部へ