【開業者の声】税理士法人 エイチ・ツー・オー 土浦事務所

2016年1月30日

「土浦市中心市街地開業支援事業」にて、実際に支援補助金を活用された方々からメッセージをいただきました。

 

■ 税理士法人 エイチ・ツー・オー 土浦事務所

税理士:川井一夫様

2014年11月開業:土浦市大和町ウララ3

税理士法人 エイチ・ツー・オー 土浦事務所

 

★ 事業内容とセールスポイント

法人の起業、事業承継、申告など財務経理全般のご相談を受けています。東京国税局勤務を経て、龍ヶ崎市にある本社に来たのが3年前、学生時代を過ごした土浦には旧友知人も多いことから地域貢献の気持ちもあり、一昨年に事務所を構えました。税理士として単に計算だけするのではなく、経営をトータルで考えます。毎月(定期的に)自分から出向き、経営者と直接会う。経営側の本音や悩みを聞き、ともに問題を考え助言していくという姿勢を貫いています。

 

★ 土浦の中心市街地に開業した理由

土浦を外から客観的に見た時、以前とは違う寂しい印象でした。土浦には、城址、湖という財産もあり、都内からの便も悪くない。この土地柄をもっとPRしなければもったいない。そんな気持ちから、商店街の方たちと一緒に中心市街地の活性化に取り組む思いを強くしました。そこに、市の補助金制度があるのもありがたいことでした。

 

★ 開業して気づいたこと〜取り組んでみたいこと

駅前に開業した要因のひとつが、市役所の移転です。同じ公的な仕事なので、近くにあればお客様にとって非常に利便性がありますし、職員はじめ市民の足が商店街に向く可能性を考え、地域ごと一緒に活性化できるのではと考えました。結果はまだ顕われているとは言えませんが、ランチタイムなどに都内のビジネス街のような賑わいも期待したいところです。川口にモール505ができた頃までは人の流れが途絶えず、駅周辺も学生やサラリーマンがあふれていました。駅を中心とする中心市街地ですから、駅自体の利用者も増えるような、また地元に戻って商売を始めたい人を応援できるようなまちにしていきたいですね。駅前に図書館が完成すれば、町並みも揃い、人々の往来も増えることでしょう。

 

★ これから開業する方にアドバイスを

まちの中心が元気だと、土浦全体も活き活きします。駅を中心に、本当の中心市街地にしていくために、積極的に店を構え、起業してほしいと思います。補助金制度を活用し新規開業を目指す方たちには、同じ経験者として、もちろん財務専門家として、いつでもお役に立ちたいと思っています。是非、商工会議所にも入会していただき、悩みを話し、助け合いながら、一緒に土浦を盛り上げていければと願っています。

カテゴリー

年別アーカイブ

ページの上部へ